タイヤ交換

  • HOME
  • タイヤ交換

より快適で、安全かつコストに見合ったタイヤそれぞれのニーズに合わせた働くクルマに、マッチする性能を探します。

タイヤ交換

トラックのタイヤの交換を疎かにしてトラックを走らせることは、予想以上に危険です。タイヤを過剰使用するとひび割れが起こります。このひび割れした部分がタイヤのバーストの原因になります。ひび、あるいはキズが入ったタイヤで高速走行を続けるとタイヤに負荷がかかり、ひびやキズ部分からいきなりタイヤが破裂して空気が抜けます。トラックのタイヤのバーストはしばしば悲惨な事故につながります。

タイヤの劣化や不具合は、ブレーキの故障と同じくらい危険なものだということをしっかり意識しておきましょう。

タイヤ交換タイミング

タイミング

タイヤの使用期間は最長でも5年程度が限界といわれます。これは空気圧を適性に保ち、急ブレーキや急発進をできるだけしないよう注意して乗車していたと仮定しての寿命です。また、運転する頻度が高ければ、当然、劣化は早まります。そのため、タイヤの交換タイミングを知るには、年数よりもタイヤを日頃からよくチェックして状態を確かめておくことが大切です。

交換のタイミングして、スリップサインを確認します。タイヤの表面のトレッド(溝)パターンの溝の奥にあり、タイヤの表面が1.6mm擦り減ると出てくるようになっています。スリップサインはタイヤの周上6箇所にあり、これが1ヶ所でも出てきたらそのタイヤはもう使えません。このことは道路運送車両の保安基準で決められています

スリップサインが出て来る前が交換するタイミングトラックを運転する前には必ずタイヤを点検し、スリップサインを確認して安全運転をしてください。また、このとき、タイヤの側面までひびが入っていないかどうかもチェックしてください。ひびが側面にまで至っている場合もバーストの危険があります。

東海タイヤセンターが選ばれる理由

タイヤを売らないタイヤ屋さんです!
安易にタイヤを売るのではなく、使用状況とご要望をヒアリングし、ニーズに合わせた最適な提案することで、安全・快適・節約な走りサポートいたします。
IT管理システムで安心・安全な走りをサポートします!
IT管理システムにより利用状況やご要望をもとにお客様のタイヤ情報を管理し、点検や整備などの予測を立て、お客様の安心・安全な走りをサポートいたします。
タイヤの保管(有料)や管理もおまかせください!
夏、冬のタイヤ交換の際、困るのが交換して残ったタイヤ・・・当社では、大切なタイヤを次の履き替え時期まで責任をもって保管・管理いたします。
国内、国外を問わずにメーカーや銘柄の指定が可能です!
国内メーカー、海外メーカーを問わずタイヤメーカーの指定やタイヤの銘柄の指定が可能です。どんなタイヤがいいか解らなくても大丈夫!お打合せの際に専門知識を持つアドバイザーがきっちりとアドバイスさせていただきます。
PAGE TOP